色素を漂白する薬剤を歯の表面に塗り、光と熱を照射して、
歯を白くしていきます。
本来の歯の色よりもさらに白くすることができます。

 

■加齢による黄ばみ
年齢を重ねるとともに、徐々に歯の色調が濃くなります。
歯の表面を覆っている透明のエナメル質が磨耗し、その下の層にある黄色の象牙質の厚みが増してくるので、歯は黄褐色が強くなります。
■生活習慣による黄ばみ
コーヒー・お茶・カレー・醤油・タバコ等、着色性の強い飲食物を長年摂取することで歯は次第に黄ばんできます。表面の汚れであればクリーニングで取れますが、歯に染み込んだ着色はホワイトニングで白くします。
■遺伝による黄ばみ
髪の毛や肌の色が人それぞれ異なるように遺伝的に歯の色が黄色っぽい方がいます


施術前


施術後

■歯を削らずに白くできる(歯の健康を守る)。
■少しずつ白くできるので、白さの調整がしやすい。
■繰り返し白くできる
■短時間でできる
■セラミックに比べて安価



◆このようなパンフレットを差し上げています◆
画像をクリックすると別画面で大きくご覧いただけます。
ホワイトニング説明書